Karabinerを利用してMac OS X YosemiteでWindowsのマウスとキーボードを使う

自分はMacユーザーにも関わらず、Microsoftのマウスとキーボードを使っています。
自分が高校生の時からなので、かれこれ、15年近く少し特殊なマウスとキーボードを使っているので、
逆に、AppleのMagicMouseやキーボードに慣れなかったりします。

で、今回、Mac OS X Yosemiteをクリーンインストールし、MicrosoftのIntelliTypeをインストールしたら不具合。
マウスもキーボードも全く使えなくなってしまいました。

再度、Mac OS X Yosemiteをクリーンインストール。
MicrosoftのIntelliTypeをインストールしなかったら、普通に使える。

そっかー。
ドライバがまだ対応していないのかぁ。

かといって、Mac OS X Mavericsに戻すのも面倒だしなぁ…
他に良い方法ないかなぁ?と探したら、あった。

[ Karabiner ]
https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja

しかも、安心のMac OS X Yosemite対応。
神!

使い方はとっても簡単。
公式サイトに沿って、Karabinerをインストールしてください。

まずは、キーボードの設定から。
「Search」の部分で「半角/全角キー」を押しましょう。
「`(バッククオート)」が入力されるはずです。
検索結果の画面を少し下にスクロールして、
「For Japanese – Change Backquote(‘) Key – Backquote(‘) to KANA/EISUU (toggle)」
にチェックを入れるだけ。
コレで、IntelliTypeのドライバを入れなくても、半角/全角キーで英数とかな入力が切り替えられます!

次に、マウスの設定。
コレは少し面倒。
Karabinerのメニューから「Misc & Uninstall」を選択。
「Custome Setting」の「Open private.xml」ボタンをクリック。
Finderにprivate.xmlのファイルが表示されます。
コレを右クリックして「テキストエディット」で開きます。
全ての文字を消して、以下のソースコードに置き換えてください。

< ?xml version="1.0"?>
<root>
    <list>
        <item>
            <name>MouseButton 4 and 5</name>
            <identifier>remap.mouse_button4_5</identifier>
            <autogen>
                --PointingButtonToKey-- PointingButton::BUTTON4,
                KeyCode::JIS_BRACKET_LEFT, ModifierFlag::COMMAND_L
            </autogen>
                <autogen>
                    --PointingButtonToKey-- PointingButton::BUTTON5,
                    KeyCode::JIS_BRACKET_RIGHT, ModifierFlag::COMMAND_L
                </autogen>
        </item>
    </list>
</root>

コレで、マウスの「戻る」「進む」ボタンが使えます。

重いドライバを入れず、少しの手間を加えるだけで、めちゃくちゃ便利になります!
お試しあれ!