エジプト訪問:第5日目

エジプトからロシアまでは3時間45分間 飛行機に乗るが、

食事の前後はほとんど寝ていたのでアッと言う間に到着した。

うん。

ビックリするくらい早かった。

そうして2度目の空港滞在12時間を味わう。

最初の7~12時までの5時間は疲れていたのですぐに寝てしまった。

そして1時間ほどインターネットをし、ゲームをした後、お菓子とビールを買う。

ロシアのビールは本当にうまかった!

ロシアのビールは本当にうまかった!

コレ1本500mlで1£(約160円)は安いが、スニッカーズなどは5£でちょっと高かった。

けど、腹が減っていたのでうまかったし、すきっ腹にビールだったので酔って、これまた16時くらいまで寝てしまう。

その後、ノートパソコンを開いて、25日分と27日分の日記を書く。

気づくと、そういやもう2月も最後なんだな。

最後の日にこんな24時間も空港滞在だなんて、一生であまり無いだろうなw

いや、むしろあって欲しくないかもw

18時までノートパソコンで日記を書きながらインターネットをして、チェックイン。

19:20の予定通り、飛行機は日本へ向けて出発!

到着は、現地時間3月1日の11時頃だ。

エジプト訪問:第4日目

朝、少し早めに起きて、部屋の片づけをする。

途中、片づけが飽きたので、朝食を取りに行く。

今日はお腹が凄く減っていて、たらふく食べた後、ロビーへ向かうと、

「502号室の方?」

とボーイに聞かれたので、「そうだよ」と答えると、

「今日で最後なので12時までにチェックアウトしてくださいね」

と言われた。

なんてこった!

日本で予約したのは、今日までで、オレは明日までだと思ってたから勘違いだったよ!

本当は20時くらいまで外へ出かけて、夜中にチェックアウトする予定だったけど、

急遽、予定を変更。

重いスーツケースを持って歩くのは気が引けるので、出国まで空港に滞在するコトにする。

時間はおよそ13時間!

ロシアで滞在する12時間より長いよ…全く。

結局、合わせると丸1日で、飛行機の時間も含めると、丸2日くらい移動時間に要するコトになったな。

ま、いっか。

コレも旅。

されど旅。

10時頃にチェックアウトすると言い残して、部屋へ戻り、残りの片づけをした後、少し時間が余ったので部屋で寝る。

そしてスーツケースを手に取り、ホテルを後にする。

50£でカイロ国際空港にタクシーで行ってもらった。

しかし、ターミナル1と2で間違えてしまって、またそこから移動したりと、色々と時間つぶしをしてしまったが、

結局、その方が良いヒマ潰しになったので良かったんじゃないかな。

カイロ国際空港のターミナルは人が少なく、残りの12時間、とてもゆっくりするコトができた。

大半は寝ていたので、あまり苦痛に感じるコトなく、過ごせたと思う。

そしてカイロ国際空港内にはこれまた無線LANがほぼ全域に設置してあって、しかも無料で利用できた!

mixiやGoogleで色々な調べ物など、これまたゆっくりとインターネットができたので良かった。

.

そうして空港で過ごした後、いよいよ出国だ。

出国もほとんど手続きする事無く、航空券を引き換えてもらって、出国カードを記入して、

後はパスポートにスタンプを押してもらって終わり。

乗り継ぎのロビーはとてもキレイで写真が撮れなかったのが残念だ。

(エジプトでは、空港などの公共施設や、軍事施設などは全面撮影禁止。見つかると大変らしい)

多分、成田空港よりもキレイだったんじゃないかな。

ココで1時間程、飛行機を待った後、いよいよカイロを飛び立つ。

さよなら、エジプト。

みんな親切にしてくれて本当にありがとう。

とても楽しかったし、思い出に残ったよ。

きっとまた訪れるさ。

今度は沢山お金を持って、ゆっくりとくつろぎながらねw

エジプト訪問:第3日目

今日はいよいよピラミッド行く!

ホテルから見たピラミッド

(写真はホテルから見たピラミッド)

朝7時に起きて、身支度をし、早めの朝食をとる。

8時にホテルを出て、隣のお店に行くと、昨日会った学生、カリーリが店番をしていた。

固い握手を交わして、少し会話をした後、

「日本へハガキを送りたいんだよね」

というと、昨日とは違う郵便局まで一緒に足を運んでくれた

ホテルから郵便局まで少し歩く

問題なく切手を買い、ハガキを郵便ポストへ投函する。

一旦、お店へ戻るんだけど、途中でジュースを奢ってくれた

ジュースができあがるまで、イスに腰掛けて待っていると、

通路を空けて隣に座った女の子がずっとオレをみていた

「ハァイ♪」

と声を掛けてあげると、

「ハロゥ♪」

と少し恥ずかしそうに挨拶を交わした。

物凄く甘いジュースで、何の実なのかよくわからなかったけど、一口目で

「あんまぁ~!」

と叫ぶと、それを見ていた女の子がゲラゲラ笑って、他の女の子の友達の方へ戻った。

後ろの方で女の子達がオレの方向をずっと見て、気づいたカリーリが色々と話していると、

色々と通訳をしてくれた。

「彼女、トモヒロのコトが凄く気に入ったみたいだょ(笑)」

「マジでw」

女の子に向かって、

「ありがとw」

というと、カリーリがアラビア語を教えてくれた。

何て言ったか忘れたけど、その通りに

「○■△※×◎」

というと、女の子が凄い照れてたので、

「何て言う意味?」

と聞くと、笑いながら

「愛してるって意味だよw」

と返され、周りがゲラゲラ笑っていた。

すると、女の子が

「カメラ持ってる?」

とだけ英語で話してきて、その後カリーリが通訳で、

「旅の思い出に一緒に写真撮りたいってさ!忘れないで欲しいんだって!」

ってコトで、もちろん「OKOK」と返し、一緒に写真を撮った

真ん中の子からとても好かれました(^-^;)

丁度、ジュースを飲み終えたので、

「サンキュー!サンキュー!アイラブユー!バァイ!」

と言って、女の子達と別れたんだけど、元からそういう顔つきなのか、

真ん中の女の子がとても寂しそうに「バイバイ!」と言っていた。

その後、カリーリに話を聞くと、とにかく外国人はとてもモテるらしい。

特に日本人とか中国人のアジア系

アメリカ人とかイギリス・フランス人は肌が白過ぎるし怖いイメージがあるらしい。

でも、日本人とか中国人はとても優しく接してくれるし、黄色人種だし、

現地の人から見ると、どのアジア系の人もタイプらしい。

これは男女共有で、現地の女性人は日本人などの男の人が好きで、

現地の男性人は、自由奔放に歩き、そして顔を隠さずに旅する女性に憧れるらしい。

というのも、現地の女性人は皆髪を隠し、時には顔も隠す人も沢山いる。

ま、文化の違いってヤツだね。

オレも白人の女性とか好きだしw

店に戻ると、もう一人のムハンマドが店番をしていた。

「昨日振りだけど、凄く会いたかったよ!」

と軽くキスを交わすと、

「じゃ、みんな揃ったから、ピラミッドへ行こうか」

と、みんなでピラミッドに行くコトになった。

タクシーを使わず、歩いて行く事にした。

というのも、滞在しているホテルから見てわかるように、

ホテルから歩いて15分の距離にピラミッドがあるのだ。

.

色々と話しながらピラミッドへ到着すると、50£の入場料を支払った。

うわぁ~。でけぇ~。

実際に見るピラミッドはすげーデカイ。

だってさ、1つ1つの石が、人とほぼ同じ高さなんだよ!?

1つ1つの石が、人とほぼ同じ高さ

写真だと低く見えるピラミッドでも、実際は壮大なスケール。

そして3人でピラミッドを観光していると、正直2人がウザイと思い始めたw

この2人が・・・だんだんウザくなってきたw

オレはゆっくり見たいのに、

「あの人は日本人?中国人?」

とか、

「オレ、少し太った女性が好きなんだよね!」

とか、聞いてもいないことを話はじめ、

そしていつの間にか、そんなに乗りたくも無いのに、

半強制で馬に乗せられて3人で50£も支払ってしまった。

半強制で馬に乗せられて3人で50£も支払ってしまった

クフ王のピラミッドとカフラー王のピラミッドの中間からラクダに乗ると、

ピラミッド周辺一周で20£なのに…

少し腹を立てたオレは、少し馬に乗って遠くまで出ると、

「オレはココで降りる。お前達はもう帰ってくれないか?一人になりたいんだ」

といって、2人を帰し、自分の撮りたかった写真を一人で撮る

自分の撮りたかった写真を一人で撮った

そして、2時間程、ココでゆっくりと日記を書いたり、音楽を聴いたりした。

ココからは遠くのピラミッドや、果てしない砂漠の景色が見れて、本当に感動した。

砂漠はサラサラした砂だけだと思ってたけど、実際はそうでもなくて、

結構ゴツゴツとした岩や石がゴロゴロとしている。

ゴツゴツとした岩や石がゴロゴロとしている

.

そうしてゆっくりとしていると、2人がオレの元へやってきた

「やっぱりトモヒロがいないと寂しいし、つまんなぃよ。一緒に帰ろう!」

と言われて、断固反対した。

「いや、オレはもう1つのピラミッドを見たいんだ」

と。

「だったら、オレんちへ来なよ!お昼を一緒に食べよう。
 お父さんもお母さんも待ってるんだ!」

「ん?待ってる?何で?」

「ウチの学校では、午前中学校に行くんだけど、お昼は家で食べるんだよ。
 で、今、丁度昼時だろ?お父さんもお母さんもオレが学校に行ってると思ってるから、
 家で待ってて、戻る時間が少し遅れてるんだよ。」

「そんな。オレはもう2時間くらいココに残る予定なんだ。
 お父さんもお母さんも心配してると思うぞ。
 オレもカリーリと別れるのは寂しいけど、明日も会えるよ。
 さ、みんなが待ってる家に帰るんだ」

「うん。わかった。」

そうして、2人を説得して、またオレは1人に戻れた。

ま、途中、少し傾斜が高くて長い丘を駆け抜けたりとか面白かったし、

少し傾斜が高くて長い丘を駆け抜けたりとか面白かった

こんな感じ↓の写真とか撮れないから少し嬉しかったけど・・・

多分、オレは民族衣装が似合う。

でも、やっぱり1人が気楽で楽しいよ。

そしてやっと1人になれて、もう1つのピラミッド前で写真を撮り、休んでいると、

今度はラクダ乗りが声を掛けてきた。

「ラクダ乗らないか?20£だよ」

といわれ、本当は乗りたかったけど、

「いや、ゴメン。乗りたいんだけど、お金が無いんだ」

「じゃ、10£でイイよ?」

そして財布を取り出して中身を確認すると、一応50£はあったけど、

これは帰りのタクシー代で、それを差し引くと、今日分は残り9£しかなくて、

「いや、10£も無い!9£しか持ってないんだよ。。。」

というと、

「学生か?ま、いいよ。9£で。ココら一周してあげるさ」

と、とても親切にしてくれた

最後までとても優しくしてくれたハッサンさん

しかし、ふと頭をよぎったのが、ボッたくりの話だ。

乗るのは安いけど、降りるのは高いというヤツ。

確かに乗っている姿は地面から高いな…と思いつつ、実際に乗ってみると、

「何だ。そんなに大した高さじゃないじゃん!ジャンプで余裕だしw
 最悪、ボッたくられそうになったら、こっからジャンプして走って逃げよう」

と思ったが、大丈夫でしたw

ハッサンというこのオッチャンはとても良い人で、本当に9£のみでキレイな景色や、

周りが一望できるビューポイントへ行ってくれて、ちゃんと何枚も写真を撮ってくれたのだ。

しかも、オッチャン写真撮るの上手いわw

本当に助かった。

さっきは少ししか歩いて何のに50£も取られたが、それと比べると本当に良かった。

ただ、変な話、このオッチャンがエロイ話ばっかすんだw

いや、マジ書けねぇw

書いたら猥褻罪で捕まるなw きっとw

とにかく、ご想像にお任せしますが、物凄くエロイ話ばかりでしたw

それでも気になるなら、実際、オレに会った時に話を聞いてくださいw

マジで笑いますw

そうして、ピラミッドを一周してくれて、最後はスフィンクス前でラクダから降ろしてくれたが、

このラクダを降りるときがスゴイ怖いんだw

ラクダを降りるときがスゴイ怖い

写真ではすげー笑ってるけど、横から見ると、45度くらい傾いてて、体を支えるのがやっとだよw

いや、マジで普通にジャンプして降りた方が楽なくらいw

ちゃんと降りれた。一安心w

最後に、コンパスが気に入ったみたいで、プレゼントすると、とても喜んでくれた。

スフィンクス前で別れ、スフィンクスでも沢山写真を撮った

鼻とアゴの飾りが無い

あ。確かに鼻とアゴの飾りが無い。

スフィンクスでも沢山写真を撮った

※まっちょの豆知識

スフィンクスの鼻は昔、ナポレオン軍が銃撃の練習にして欠けてしまい、

アゴひげの飾りはイギリスが占領した時にイギリス兵にもぎ取られ、

今は大英博物館(イギリスの博物館)に飾られていて、現在返還要請中。

(Matchyoは以前イギリスに行ったとき、大英博物館で実物を見ていますw

この偶然は、正直、ちょっと奇跡だと思いましたw)

で、

「あ、スフィンクスってやっぱイイなぁ~。カッコイイなぁ~。」

って思ったんですけど、鳩が止まってるからかわいくみえちゃうよw

オレが行った時は鳩が止まってて、ちょっとかわいかったw

そして何と言っても、あの”トリビア”で有名な一面!

『No.192 スフィンクスの目線の先には今ケンタッキーフライドチキンがある 』

コレ、マジね。

No.192 スフィンクスの目線の先には今ケンタッキーフライドチキンがある

スフィンクスの顔から、ちょうど100mくらいしか離れてない、本当に目と鼻の先にありますw

マジで本物をすっげー見てほしいw この近さw

・・・という感じで、最後のオチも素晴らしいピラミッド&スフィンクス観光が終わりました。

.

ピラミッド&スフィンクス観光が終わり、歩いてホテルを目指すが、

もうお金がすっからかんなので、最後の日本円を両替しに、昨日歩いた両替所で両替し、47£を手に入れた。

昨日と同じ店でテレホンカードを2枚買い、水と7upも買って、ホテルへ帰る。

ココのお店のオッチャンは面白くて親切で良かった。

ホテルへ戻り、色々と片付けたりしたら夜になって、日記とかも書いたりした。

そしてヒマになったので、カリードに会いに行き、

「ディナークルーズがしたいんだけど、クレジットカードが使えるトコロは無いかな?」

というと、他の友達が銀行のATMへ連れて行って、

「何度か試してみ?」

というので試してみると、何とお金がおろせた!

お礼に10£あげて、カリードと2人でディナークルーズへ行く。

ディナークルーズへ行った

タクシーで20分くらいのトコロに着き、久し振りにライスやスイーツなど豪華な食事を楽しんだ

久し振りにライスやスイーツなど豪華な食事を楽しんだ

いやぁ、最後の夜にご飯が食べれて、そして地ビールが飲めて良かった。

エジプトの地ビール・ステラビール。

ダンサーにのせられて踊ったりもした。凄く楽しかった。

2時間のディナークルーズを楽しむと、

「150£はトモヒロの分、もう50£くれ。オレの分は払ってない」

とボッたくりにあったよ。全く。

ま、ビールも飲めたし、この子達に会うのはコレで最後にしよう。

これ以上はちょっと怖い気もする。

そうしてホテルへ戻り、翌日の朝までグッスリ寝た。

エジプト訪問:第2日目

朝起きて、部屋のカーテンを開けると、そこには壮大な景色が広がっていた

ホテルの部屋から見えるピラミッド

昨日は曇っていて見えづらかったけど、ホテルの部屋からピラミッドがとてもキレイに見れた。

コレだけでも、“エジプトに来て良かった” と十分に思える景色だ。

.

昨日書いていなかった日本宛のハガキを書き、朝食をサラッと食べた。

んで、隣のお店に行くと、昨日とは違う子達がいて、3人で色々な話で盛り上がった

近くの高校に通うカリーリとムハンマド。

[写真左がカリーリ。右がムハンマド。2人は近所の高校に通う、ちょっとお金持ちの子たち]

日本ではどうとか、エジプトではどうとか色々。

その時に日本から持ってきたPCやiPodを見せてあげた。

「いやぁ、ノートパソコンは小さくて薄いね!しかもハイスペックだ!」

とか、

「iPodってmp3プレーヤーでしょ?エジプトにもあるけど、携帯電話に付いてる端末もあって、

 iPodよりもそっちの方が人気なんだ」

とか、いろいろと現地の情報や価値観を教えてもらった。

すると、店主がやって来て、2人は帰って行った。

その後、店主と話しはじめて、「郵便局に行きたい」と言ったら、

親切に郵便局まで連れて行ってくれたけど、もう閉まっていたので残念だった。

で、その後、「電源の変換アダプターが欲しい」と言ったら、

電気屋がさっきいた店の前にあると言って、なんと2£(約40円)で買えたのは本当に嬉しかった。

コレで思う存分、ノートパソコンやゲームができる。

その後、1人でブラブラとしてみる。

.

ピラミッドへ続く細い道

ホテルからピラミッドへ続く細い道。

もうちょっと先に大通りがある。

ピラミッドまで続く大通り。

ココがピラミッドまで続く大通り。

写真には写ってないけど、ココから歩いて10分くらいの距離にピラミッドがある。

お祈りをする場所

修道院。

エジプトでは1日に数回お祈りする時間があって、沢山ある修道院でみんなでお祈りする。

その時間帯は、エジプト中がお祈りの声でこだまするくらいの人数がお祈りする。

エジプトで唯一見つけたSONYの看板

エジプトで唯一見つけたSONYの看板。

現地でもSONYは有名だけど、高いからあまり買わないらしい。

むしろ、NationalやPanasonic、そしてLGが低価格で人気。

エジプトの一般的な道路

エジプトの一般的な道路。

カイロ周辺はどの通りもこんな感じで、イメージしていたエジプトとは全く違っていた。

至る所に”vodafone”の看板があり、現地でも大半の人が携帯電話を持っている。

ただし、ほとんどすべての端末がプリペイド式の携帯電話。

細い道は、どこも小さな商店街

大通りから枝分かれしている細い道に入ると、どこもこんな感じで、

パンや雑貨、電化製品などのお店が並んでいる。

どの細い道も、小さな商店街だ。

主にマンションやアパートなどの住宅が立ち並ぶ。

小さな商店街からさらに枝分かれている小道。

主にマンションやアパートなどの住宅が立ち並ぶ。

空は狭いが、エジプトっぽい雰囲気が味わえるのは間違いない。

空は狭いが、エジプトっぽい雰囲気が味わえるのは間違いない。

ツアーなどではこういった通りも通れないので、是非、1人や少人数で旅をオススメしたい。

.

ピラミッドが見える大通りで座ったりした後、テレホンカードが買えたので、早速日本に電話してみた。

お袋が出て、無事で何よりだったと確認できて良かった。

その後、パンを買った。

本当は1£で4枚なんだけど、多かったので、2枚で50ptにしてもらったんだけど、

これがまた歯ごたえが良くて美味しいんだ!

.

ホテルへ帰り、PCをつけて日記を書く。

エジプトへ来て、ある意味初めてのPCだ。

しかし、この時に日記の1枚が部屋のどこかへふと消えてしまったのはちょっとショックだった。

(けど、最終日に重いベッドを動かすと、この1枚が見つかったので良かった。)

PCで日記を付けた後、ホテルの屋上へ行って、インターネットカフェで1時間程インターネットをする。

メールをチェックしたが、それ程重要なメールは届いていなかったので良かった。

とりあえず、ブログを書いて、mixi日記にリンクを貼って終わらせる。

その後、部屋に戻って色々な物を充電してみた。

その間、フロに入ったり、TVを見たりし(この日からテレビが付いた)、

ゆっくりくつろいだのだけれど、結局眠れなくて外に出る。

昨日のタクシー運転手に電話をしようとしたら、先程の店主・カリードが手伝ってくれて、

TELできたんだけど、結局、良くわからなかったけど電話できなくて切られた。

昨日はあんなにTELしてね!ってうるさかった程なのに。。。ま、いっか。

その後、またホテルに戻って、パンにカレーを付けて食べ、美味しかった!

んで、次の日まで寝る。

エジプト訪問:第1日目

5~7時の2時間程しか眠らなかったが、爆睡したので十分な休息を取れた。

7:30に朝食へ。

オレンジジュースが砂糖みたいにあまくてビックリしたけど、ソーセージはうまかった。

玉子焼きは味が薄くて、パンもパサパサだったけど、腹は膨れたので良し。

ホテルの朝食はこんな感じ

早速着替えて外に出る。

タクシーは高いので、白いライトバン型タクシーに乗った。

ライトバン版タクシーはドアとかあけっぱで走る走る!

このバンは、行きたい方向に進むバンを捕まえて、宛先を英語で言い、

OKだったら途中まででもいいから乗せてもらうというもの。

ただし、次から次へと他の人も同じ感じで乗ってくるので、

狭くなるけど、すごく面白い乗り方なのでハマったw

しかも、10キロくらいまでなら50p(15円程度)なので超お得!

ちなみにタクシーなら5£(150円)くらい取られる。

とりあえず、バンではギザまで出て、その後、動物園まで歩き、

タクシーを拾ってエジプト考古学博物館へ向かった。

というのも、ライトバンは一定の区間しか走ってなかったりするので、

もし走ってなければ歩くかタクシーしかない。

バスは一応あるみたいだけど、文字が読めないし、

英語でサブ表記してないからどこへ行くかわからないから乗れないんだよね。。。

エジプト考古学博物館

開館10分前に到着して、チケットを50£で買い、中に入ると、

即効でツタンカーメンの黄金マスクを見に行った。

ガイドブックには40£って書いてあったけど、実際は50£だった。

もうねぇ、スゴイよ。

キレイ過ぎる

ココだけで30分は見とれたくらいだからw

ただ、その後、ツアー客の団体さんが物凄い押し寄せてきたので、

ツタンカーメンからは離れました。

ガイドブックによると、開館後1時間経つと、ツアー客の団体が次から次へと入ってくるので、

最初の1時間くらいしか、ゆっくり見れないらしい。

オレが入ったときも、最初は2人くらいしかいなくて、物凄くゆっくりじっくり見れたけど、

後の人は、何だか可愛そうだなって思ったくらいでふ。

その後、色々な像や展示物を見て、結局9~11時までの2時間を過ごした。

博物館を後にすると、シタデルという軍事博物館やガーマ・ムハンマド・アリという、

歴史的建造物がある場所へタクシーで向かった。

ガーマ・ムハンマド・アリ

軍事博物館

凄くキレイな所で、ココで今日分の半分くらいの写真を撮ったくらいキレイだった。

ガーマ・ムハンマド・アリの中は凄くキレイ

ここも2時間くらい見学した後、おみやげを買いに行こうかと思ってたので、

カイロのお土産屋通りとして有名な、ハーン・ハリーリという場所へ歩いて向かう。

途中、日本の人に道順を声かけられたり、サッカーをする少年達に囲まれて、

「英語はしゃべれる?」

「どこから来たの!?」

「名前は?」

「ようこそエジプトへ!」

「ハーン・ハリーリはコッチの道をずっと真っ直ぐだよ!」

とか、物凄く質問攻めにあったw

補足というか感想というか推測だけど、

とにかくエジプト人の男性や少年は良く声を掛けてくれる

(女性は宗教上あまり見て見ぬフリをするが、少女も声を掛けてくる)

そして、通りすがるだけでも、外国の人だとわかると

「ハロー!ハロー!」

と挨拶をしたがるし、水を飲むんだり、ちょっと疲れて座っていると、

「どこから来たの?」

「日本は凄く豊かで良い国だよね!」

などなど、本当に沢山の人が気軽に声を掛けてくれる

日本とは全く逆だね。

日本人って、英語がなかなか話せないから、外国人を避けたがるし、

声掛けられても、なかなか答えられなかったりするけど、

本当に逆で、とても親切に、楽しそうに声を掛けてくれる。

少年少女は特に面白くて、

「カメラ持ってる?カメラ持ってる!?撮って撮って!」

と言って、撮ってあげると、

「見せて!見せて!」

と、自分が写ってる液晶を覗くと、

「わーぃ!写真を撮ってもらったぞー!」

自分が写ってるのが嬉しいのか、とにかくはしゃぎまくるw

少年少女たちの笑顔はとても輝いていた

これがまたカワイイんだ~。マジで。

そんな感じで、エジプトの人達は本当に良くしてくれるのだ。

少年達を別れを告げると、ハーン・ハリーリに到着。

カイロのお土産通りとして有名なハーン・ハリーリ

商店街の入り口で、おいしそうな匂いがしたので覗くと、

“コシャリ” というパスタとスパゲッティーとご飯が混ざった料理が売っていた。

エジプトで気軽にテイクアウトできる”コシャリ”

お腹も減っていたので、店の中に入ると、

「いらっしゃい!どこから来たの?日本か!これ食べたいの?

2£だよ~。こっちはトマトソースで、こっちは唐辛子ソース。

お好みでかけて食うんだよ!いやぁ、イイ時計してるわ!

VIVA!JAPAN!じゃあね!」

など、知っている英語や挨拶を凄く気軽に話してくれるw

テイクアウトをして、商店街を歩いていると、

民族衣装を売っているお店を見つけた。

民族衣装を売っているお店

明後日行くピラミッド観光で、民族衣装を着てラクダに乗ったり写真を撮りたかったので、

「民族衣装が欲しいんだけど~」

というと、テーブルとイスを出されて

「まぁ、飯を食ってから選びなよw」

とお言葉に甘えてご飯を食べる。

そして、「その服がイイ!」というと、

「カメラは持ってる?着てみな!撮ってあげ…あ!」

すると、店主は隣の店から他の人を呼んで、

「一緒に写真撮ってくれ!」

といって、民族衣装屋店主と一緒に写真を撮った。

その後、「いくら?」と聞くと、

「185£」といわれたので、「高い高い!じゃ、いらんよ~」

…って感じで値切ると、結果、100£まで下がった

ま、値切り交渉はイベントみたいな物で、

タクシー乗るときもおみやげ買うときも、

スーパーなどのお店みたいに値札が付いてなかったら、

もうそれは値切り交渉イベントを意味するのだ。

本当は多分もっと安いんだろうけど、別にいっかって感じで店を後にする。

そして、今日の訪問予定場所は全て回り、時間があったのでハーン・ハリーリからギザまで歩いた

多分・・・2時間半は歩いたんじゃないかな。

エジプトのナイル川を架ける橋

カイロタワーをバックにナイル川

カイロ中心付近のナイル川は建物やビルが沢山建っている

凄く疲れたけど、結構排気ガスや砂っぽい風が強くなってきたので、

途中、マスクを付けたのね。

そしたらもう、神扱いのように人から声を掛けられたよw

エジプトではきっと、マスクをつける人なんていないんじゃないかな。

だから、珍しがって

「イイねぇそれ!」

「ハローハロー!」

とか、デカイ橋を渡っている最中、橋の下でサッカーしてた子達でさえ、

オレを見上げながら、ジェスチャーで「マスクいいね!」と手を振ってくれたりしたw

マジで、オレ、こういうのに弱いからハマったねw

内心、一人でゲラゲラ笑ってたw

ギザからはまたバンに乗ったんだけど、このバンの運転手もイイ人で、

「日本人?日本人?まぁ、こっち座りな!」

…と、普通は後ろの席に座るんだけど、助手席に座らされて、ピラミッド方面へ向かうので

「ピラミッド見に行くの?」

と聞かれたが、

「いや、疲れたからホテルに帰るんだ。ホテルはピラミッドのすぐ傍なんだ」

というと、

「ピラミッドは行った?」

と聞かれ、

「いや、まだ。明後日行く予定」

というと、

「じゃ、オレに是非送迎させてくれ!」

と言われた。

一瞬、高額な請求をするボッた人か?と思ったけど、

「是非、エジプトを楽しんで欲しいんだよ!

 エジプシャンカインド(エジプト人は良い人種)だってコトを証明したいんだよ!」

と凄く言われたので、とりあえず電話番号を聞いておいた

多分、イイ人だと思うし、ボられそうになっても金払わない自信はあるので、

「じゃ、明日の夜に電話するね。明後日は頼むよ!」

というと、

「本当か!?ありがとう!電話待ってるからね!」

と言われて、ついでにバン代もタダにしてくれた。

いやぁ、嬉しかったね。

そして降りた先がちょうどマクドナルドで、腹も減っていたので中に入る。

少し列ができていたので、待っていると、前の家族連れの小さい女の子が、

お父さんの足にしがみつきながら、話したいんだけど恥ずかしくて喋れない…

という雰囲気を出していたw

オレが「ハァイ」と声を掛けると、お父さんが気づいて、

「この子はシャイなんですよ~。ハハハ。ほら、自己紹介してごらん」

と言われて、女の子が口を開いた。

「私の名前はゥドータァです…どこから来たの?」

と話しかけてくれた。

多分、3才くらいの小さな女の子だけど、とても英語の発音がキレイで、

「オレの名前はトモヒロだよ。日本から来たんだ。とても英語が上手だね!

と褒めてあげると、また恥ずかしがって、今度はお母さんの座る席に戻っていった。

相変わらず、お父さんは

「この子はシャイなんですよ~。ハハハ。あ、順番ですよ」

ってな感じで、ビッグマックとソフトクリームを頼み、

帰り際、「バイバーイ!」と女の子に手を振りながら店を出た。

マックの隣はスーパーみたいなコンビニで、ココで、明日・明後日分の水やお菓子を買った

.

ホテルに戻り、ビックマックを食べようとすると、何か変。

何でだ?

と思ったら、パンが黒い!

エジプトのマックのパンは黒い!

最後の一枚は、何かエジプトな雰囲気が出てそうな気がする一枚を。

Matchyoはエジプトでも元気ですョ!

元気ですョ。

日本を出発!

6時頃に起きる。

昨日…というか今日は全然眠れなくて、目はバッチリ覚めているけど、眠くて眠くてしょうがない。

YCATという成田空港行きのバスが空いているかTELした。

問題無さそうだったので一安心。

6:30に一階へ降り、お袋がパンとベーコンと玉子焼きを作ってくれて、

ついでにココアとダカラを買ってきてくれた。

本当にありがたい。

ありがとう。

7:30までめざましTVを見ながら支度をして、7:35のバスで家を出発。

8時に三ツ境駅に到着。8:05の電車に乗り、8:25頃に横浜駅着。

通勤時間帯に当たったので、電車内は非常に混んでいたけど、

とりあえず、みんなに出発のメールを送った。

電車内では、メールを送った後、ケータイアプリで数独をやっていたのでアッという間に着いた。

相鉄線横浜駅から横浜そごうまで歩いたけど、階段以外、結構床がツルツルだったので、

トランクで押して歩くのもスイスイ行けた。

日本ってホントに豊かな国だよなぁ。とつくづく感心する。

8:35にYCATへ着くと、8:40のバスに乗れるというコトなので、すぐにチェックしてもらって即乗車。

本当は9時のバスに乗る予定だったけど、早い分には越したことはないでしょ。

8:40、定時にバスが横浜駅を出発。

高速道路を使って向かうらしい。(当たり前か)

横浜のジャンクションやベイブリッジ付近で結構渋滞してて、15分程遅れて着いた。

10:15頃、成田空港に着き、11時まで待つ。

成田空港着!

H.I.S.は成田空港内でパスポートと引換券を渡して、航空チケットをもらうのだ。

そして、チケットを手に入れても、すぐに搭乗手続きはしなかった。

すでに搭乗手続きは開始してたけど、並ぶのがダルイんだもん!

待ち時間が長いんだなぁ・・・

ってPSPで遊んでたら、搭乗開始ギリギリまで気づかなくて危うく乗り遅れそうになった!

あぶないあぶない。

で、急いで色々と片付けたりしてたら、いつの間にかデジカメケースが無くなっていた

あーあぁ。

日本を出国前に物を無くすって何だよ(-_-;)

現地で無くすのはともかく…。

まぁ、しょうがない。ダッシュで出発窓口へ行き、身体検査をして電車に乗って、搭乗開始。

搭乗開始後、出発が15分程遅れたが、無事、日本を発つことができた。

.

日本からロシアまで、世界時間でいうと、13時発17時着なのだが、

時差が-6時間なので、実際、飛行機の中にいる時間はなんと10時間!

辛いかなぁ~と思ってたけど、そんなでもなくて、

飯はうまかったし、すぐに寝ちゃったので、それほど辛くは感じられなかった。

.

そして、ロシアのモスクワの空港着。

モスクワの空港に無事到着!

ロシアの空港はあまり広くなく、物静かな雰囲気。

やっぱり薄暗いな。

ここから乗り継ぎで3時間ほど待つので、待ちの方が辛いなぁ~…と思っていたら、

PSPが無線LANポイントをいくつか発見!

6箇所中、5箇所は有料でしかもロシア語だったのでムリだったけど、

1箇所、セキュリティも何もかかっていない無線LANを発見!

いやぁ、最高に嬉しかったね!

まさかロシアからmixi日記が書けて、mBlogも書けて、

サイバーショットのデジカメ画像を、メモリースティックを移し変えて、

PSPから写真をアップロードできるなんて!

まさに “ロシアより愛を込めて” だよw

結局、18~21時までPSPをずっと触っていた。

改めて言うのもナンだけど、

持ってて良かったPSP!

21時に搭乗し、席に着くと、フライトアテンダントの人が実際に緊急時のデモを行っていた。

恥ずかしそうに彼らはデモを行っていたけど、オレ的には素晴らしいと思った。

こんなに親切とは意外とやるね。アエロフロート航空。

しかし、離陸時間が結構遅れた。

45分程遅れたっぽいけど、ウトウトうたたねしてて、あんまりよくわからなかった。

そして次に起きた時は食事の時間で、オレンジジュースを食前に頼み、ディナーになった。

フィッシュ or チキンだったので、チキンを頼んだ。

ライスもパンも野菜もパサパサだったけど、まぁうまかったし、チキンは最高にうまかった!

だいぶ遅れてエジプトの空港に到着。

入国のVISA取得に15ドル必要なんだけど、これは日本で用意していたので、

両替所でVISA用の印紙代を購入。

パスポートの空いている所に貼り付け、入国審査。

フランスや中国、アメリカ人にはいくつか質問をしていたようだけど、

日本人とわかったら、特に何も言わずにポンとハンコを押してくれて、スムーズに入国できた。

良かった良かった。

.

結局、エジプト到着が深夜1時過ぎ。

外は真っ暗だ。

タクシーを探すと、結構色々な人に声をかけられたけど、でも、機内で少し話した人が

他の日本人を紹介してくれて、同じ方面に向かうタクシーを捕まえてくれた。

当初予定の50ポンドで行く事ができて、すごく感謝している。

タクシーの中でも、色々とエジプトのコト教えてくれたし、

色々と旅をしていて、そろそろほぼ全ての国を制覇するとかとも言っていて、

とても頼もしくて楽しい人だった。

空港からホテルまで送ってくれたタクシーの運転手

ホテルに無事到着し、一段落した後、水を買いに外へ出るが、夜の雰囲気は怖かった

ま、初めての夜だし、みんながみんな怖い人に見えるから…。

(後々、エジプトの人は素晴らしいと知る運命になるんだけどねw)

何とか露天で水を買い、ホテルに戻る。

フロに入って、明日の準備をする。

明日は、朝イチでエジプト考古学博物館に行こう。

そしておみやげを買おう。

そうして全ての準備を整えると、自分一人では広すぎるベッドで、

深い眠りに入るMatchyoでした。

003 ロシアより愛を込めて

003の意味は、3を左に90度回転させると
『m』になるから、Matchyoです(苦笑)

詳細は今後のお楽しみということで省きますが、
日本時間23日1300時に成田空港を離陸し、日本時間2315時にロシアのモスクワに到着。
約10時間のフライトだったが、現地時間は1715時と、
世界時刻では4時間しか変わってないので、
6時間タイムスリップしたような感覚で完全に時差ボケしてるMatchyoです。

ひとまず無事にロシアへ到着し、幸運にもセキュリティのかかっていない無線LANを見つけ、PSPでネットサーフィンを満喫しまくってます(笑)

メールチェックやmixi投稿が出来たのは奇跡に感じますね。正直。

家族や友達に電話しなくても無事を伝えられて、暇を潰せるなんて…

本当に、本当に、
持ってて良かったPSP!

次はエジプトから書けるとイイな!

乞うご期待!

いよいよ、明日エジプトへ向け出発です。

とりあえず、今日の午後に荷物をまとめました(笑)

ま、滞在日数はたいして長くないので、結構荷造りも楽です。

とりあえず、シャツとパンツは多めに持って行こうと思ってます。

mixiでもお世話になっている山猫たんのお友達が先週エジプトに行ったらしいですが、

やっぱり夜は寒いみたいです。

「え?エジプトって暑いんじゃないの?」って思うでしょ?

この季節、エジプトは夜寒いんですって。

日中は暑いらしいですが、夜は上着がないと寒いらしい。

とりあえず、部屋用にフリース、それでも寒い用にジャケットを持っていきます。

それでもまだトランクは結構空いてます。

結構デカイんですけど、ま、いいっしょ。

.

今日は何人か友達から電話やメールを頂きました。

ホント、嬉しいっす。

ありがとございます m(_ _)m

“友達がいる”って感じを味わえる瞬間でしたw

で。

今日、連絡くれた人には現地から手紙を送りますので、

届くかわからないですが楽しみにしててね~。

届くかわからないというのも、エジプトではエアメールは8割の確率で届くらしく、

残りの2割は行方不明になるコトが多いそうで。

ま、実験もかねて10人に送って何人届くか試してみたいと思いますw

.

iPodも持った!iPod shuffleも持った!デジカメも持った!ノートパソコンも持った!

PSPも持った!服も詰めた!お菓子も詰めた!日本食も詰めた!

パスポートも持った!現地のお金も持った!手帳も持った!

さ、行ってくるぜょ!

.

※予定では3月3日までmBlogが更新されませんのでご了承ください※

むしろエジプトに行く気無し?

ども。

久々の更新な気がするMatchyoです。

先週~今週にかけて、ちょっと元気が無かったですね。

1日の半分を寝た日が2日間くらいありました。

疲れてんのかな。

がんばりすぎかな。

.

ってか、もう21日ですよ。

あさっての23日はエジプトに向けて出発ですよ。

なのに!

ドコに行くかも決めてません。

トランクに荷物も詰めてません。

もう、エジプトに行く気ナッスィングな感じですよね。

雰囲気的に。

笑えねーっつーの。

.

何だろう。

この一週間は仕事が間に合うのか!?延期か!?ってストレスが溜まってたんだと思う。

それが今、一気に解決して、ドッと疲れが出ちゃってるかも。

全く何もする気無いにも関わらず、手が勝手に動いてて・・・

気づいたらこんなん作ってました。


Digital Jack Introduction

音が無いので寂しいですが、完成したら、音も付いて少しはマシになるかな。

ってか、やっぱりウェブ製作も面白いけど、映像製作も面白いよ。

うん。

ちなみに、自慢だけど、ココまで作るのに30分かかってないから。

ふふふ。

ま、素材集めるのにちょっと苦労したけど・・・(苦笑

ビミョーな自慢だ。

こういった凝った映像製作の依頼、お待ちしてます。

さ、エジプト行きの支度をしよう。

そうしよう。

エジプトに行って、砂漠を目の間に無心になり、進化しよう。

mBlogを更新してないけどアクセスが衰えない訳

今週一週間は全くmBlogを更新しなかったけど、アクセス数はあまり減らなかった。

むしろ、今までの平均より増えた日さえあった。

何でだろう?

と、アクセスログを見てみると、検索結果によって引っ掛かったエントリーが表示されてたっぽい。

ふーん。

すごいなぁ。

特に、MSNの検索結果には驚かされるばかりだよ・・・

微妙な単語で検索すると、1位ばっか。

オレのXHTMLの書き方が優れているのだろうか。。。ふふふ。。。

さて。

そろそろ寝るかな。