各種申請?:税務署へ行った(2回目)

やっと鶴見税務署内に入れた

ココまで来るのに長かったなぁー。

ぶっちゃけ、横浜中税務署で申請用紙一式は揃えて来たので、

署員の人に渡して、ザーッと目を通して貰って、すぐに終わった。

本当は、市役所と県庁(?)にも、法人設立届出書を渡さないといけなかったらしいんだけど、

今日はたまたま市の人と県の人が、税務署で受付してる日だったので、ついでに渡してくれるとのコト。

ラッキー!

これで、税務署への申請は一段落です。

ま、でも、青色申告用に、毎月毎月、色々紙に書かなきゃいけないし、

半年に一回、税金納めないといけないんだけどねー。

これからって感じ?

さ、帰るぞ…

各種申請?:おばあちゃんちへ行った

鶴見税務署はお昼休みだったので、近くにあるおばあちゃんちへ行った

所要時間はだいたい5分くらい。

実は、本店所在地である、鶴見の潮田町ってトコから、おばあちゃんちの平安町ってトコまで、チャリで5分と掛からないのだ。

だから、最悪、ご飯が食べれなくなったりしたら、歩いて行けばイイw

ま、そんなコトはまず無いんだけどね。

おばあちゃんち一家は、みんな働いてて、もしいなくても、鍵持ってるから大丈夫だったんだけど、

今日はたまたま休みだったらしく、おばあちゃんが1人でいた。

6畳と4畳半の狭くてボロッボロのアパート。

親父もお袋も、両方とも貧しい家庭で育った。

そのうち、立派に自分の家を建てたのは、両家の長男2人のみ。

そう考えてみると、オレは大変裕福に育てられたんだなぁーって思う。

良く、“2代目はダメだ”って言われるけど、オレは親父を超えないとな。

さて。

ちょうどお昼時に着いたので、おばあちゃんと顔を合わすなり、

「ご飯食べた?」

と聞かれ、

「いんや、食べてない」

というと、チャーハンを作ってくれた。

いやぁ、ありがたい。

お昼代が浮いたよ…おばあちゃん。

しかも、おばあちゃんのカニチャーハン美味いよ…。

実は、Matchyoは大のおばあちゃんっ子で、家族の中で、2番目に平安町のおばあちゃんちに行ってるっぽい。

親父も弟も、あんまり顔を出さない。

何でだろな。

ご飯を食べて、世間話をして、徹子の部屋を見て、ばいばーいと別れると、また税務署に向かった。

各種申請?:税務署へ行った(1回目)

さて。

お次は本日のメイン・イベント。

税務署へ申請です。

税務署へは、

?法人設立届出書

?給与支払事務所等の開設届出書

?青色申告の承認申請書

?源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書 兼 納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書

の4点を提出します。

ちなみに、必須なのは?と?のみ。

青色申告と、源泉所得税の納期の特例は別に出さなくても良いのですが、

“節税”をしたい人と、“毎月税金の申請”が面倒な人は、?と?も一緒に申請しましょう。

ってか、税務署の人が良い人なら、オススメしてくれます。

なので、素直に従いましょう。

さてさて。

実は、法務局に来るまで、法務局と同じビルに税務署ってあるのかな?と思ったら勘違い。

1番近くの税務署はマリンタワーの裏なんだとさ。

さ、原付飛ばすべ。

5分程走ると、すぐに着いた。

初めて身近で見たなー。マリンタワー

マリンタワー

横浜に住んでんのにな。

で、マリンタワーの裏にある中区の税務署に着いて、早速相談に乗ってもらった。

何が必要かとか、色々聞いた後、とりあえず、4枚書き上げる。

そして最後に、

M 「あ。そういえば、鶴見区に事務所構えてるんですけど、ココで申請できますか?」

と聞くと、

C 「え?あは。それは鶴見区の税務署に行かないとダメですね。あはは。」

と笑われてしまったw

ま、受付てくれた人が、若くて可愛かったので許す!

ココだけの話、こんなに若いのに、良くこんな息が詰まるような場所で公務員として働けるなぁーと思った。

(いつも傍にいる女の子とは正反対だょ…)

さて。

どうすっか…。

ぶっちゃけ、横浜中税務署から鶴見税務署まで原付で約30分くらいある。

別に今日じゃなくても…と一瞬思ったけど、ココまで来たので行くことに。

ぷぁーっ と横浜の街を原付で飛ばすと、

横浜の街並み

やっと、鶴見税務署に到着

つ、疲れた…

と思ったのもつかの間。

12時ピッタリに到着!

お役所はお昼時間ですよ!!

あっちゃー。

どうすっかなぁー。

仕方が無いので、13時過ぎるまで、こっからすぐ近くにある、おばあちゃんの家まで行くことにしました。

各種申請?:法務局へ行った

今日で今月も最後です。

無事、何事も無く、会社設立ができたっていうのと、今日はお嬢が休みなので、

今のうちにできるコトをしておこう(普段、お嬢が来ると、ほとんど何も出来ないので)と思い、

税金を払う申請とかしてきました。

まず、税務署に行く前に、履歴事項全部証明書という”会社証明書”を法務局へ取りに行きます。

コレがないと、会社を設立しているという証明にならず、税務署で受け付けてくれません。

ついでに、今は必要無いですが、会社の印鑑として、印鑑証明書も合わせて取ってきました。

法務局まで、自宅から原付で40分。

往復の交通費は100円程度で済むので、電車で行くのと同じ時間がかかるのなら、経費があまり掛からない方で行きます。

法務局に入って、3枚くらい申請書を書きます。

で、その内の1枚に「会社法人等番号」って記入する欄があるんですよ。

会社法人番号c?

はて。

どうすりゃイイのかな?

と、辺りを見回すと、入り口のすぐ右に大きなバインダーが、横浜市の各区ごとに分かれて置いてあって、

そこのテーブルの上に「会社法人番号」と大きく書かれていたので、

『あぁ、こっから探せば良いのね』と思い、「鶴見区」のバインダーを手にとって探しました。

あかさた…たちつて… て。

てあ…てか…てさ… てし。

デジタル… んー。

無い。

あれ?おっかしいなー。

と思って、もう一度テーブルの辺りを見回すと、

『最新:追加分』

というバインダーがあって、

『なんだー。こっちかー。ビビらすなよ』

と内心思って、探す。

中区…青葉区… 鶴見区。

あかさ… た。

たちつ… て。

デジタル… デジタル…

無い。

ふと、嫌な予感が走る。

オレの会社、ちゃんと設立できてねぇんじゃねぇか?

マジ怖かった。この瞬間。

で、仕方が無いので、受付の人に声を掛けた。

M 「すみません。会社法人番号がわからないんですけど…」

I 「あ、大丈夫ですよ。コチラでお調べしますので。

 新しく印鑑証明をお取りになるのと、今回初めて履歴事項証明書をお取りになるんですね?」

と聞かれ、

M 「あ、はい。」

と答えると、カウンターの1番奥まで連れてかれて、整理番号の札とか取らなくて済んだ。

I 「新規で一式登録される方です。お願いしまーす」

と受付の人がカウンターの人に言うと

C 「かしこまりました」

と言って引き継がれた。

受付の人に、どうもと言って頭を下げると、カウンターの人が

C 「番号札 2012番で、お掛けになってお待ちください」

と言われて、各種申請書と引き換えに番号札を貰った。

何か、ドキドキです。

本当に『デジタルジャク株式会社』は設立されているのか不安で不安で。

だって、会社法人番号が無いんですよ!?

5分くらい席に座って待っていたのですが、途中、そのカウンターの人が他の人に声掛けたり、

オレの申請書とパソコンの画面を見比べて、首を傾げていたりしてたんですよ。

もう怖くって怖くって。

んで、「大城様?」と呼ばれると、そこには問題なく、2通の書類と、印鑑カードが。

履a´事項全部証明書と印鑑証明書

C 「お待たせしました。こちらが履歴事項全部証明書で、こちらが印鑑カードと、印鑑証明書になります。

  以上でお揃いでしょうか?」

M 「あ、はい。ありがとうございます。

  あっちのバインダーに会社法人番号が無くて焦っちゃいましたよ…ははは」

というと、

C 「今月… そうですね。今月設立された会社は、来月から追加分として保存されるので。すみません。」

M 「いえいえ。こちらこそ何も知らないで、すみません。どうもありがとうございました」

とお礼を言って、法務局を後にしました。

Movable Type 3.3 公開

正直、ビビってますw

ビビりまくりですw

自分は、mBlogなどのブログツールで、Movable Typeを利用しているのですが、

この度、バージョンアップされました。

Movable Type 3.2 → 3.3 に変わったのですが、

一部プラグインが動作しないというコトと、インストールすると初期化されてしまった!などの報告もあり

(多分、この人はなんかしくじっただけだと思う)

バージョンアップして、新機能を試したいのですが、ビビってます。

ま、多分、この後、何かテスト的に他のブログとして導入してみますが、

最近、Movable Type関連の仕事も徐々にあるので、早めに対応しないと、社の存続が…w

さて、眠れない日々が続くな。

ま、そんなにスゲー変わった!って訳じゃないと思うのだけれども、

大変な改良がされたらすぃ。

ついに公開!? MATCHYO GEAR – OSHIROT

遂にDigital Jackから待望の新作

MATCHYO GEAR – OSHIROTがクランク・インするとの噂を聞きつけた。

コレが証拠の写真。

MATCHYO GEAR - OSHIROT

情報通からの話によると、内容はなんとR-18との噂が。

教授やKIDさんが考案したミッションの中に、

「近所のTSUTAYAにエロビデオを返しに行く

という過酷なミッションがあり、撮り方によってはR-18レーベルが付くとの指摘が強い。

ってのは、まぁ冗談ですが、撮りたいですね。

MATCHYO GEAR – OSHIROT。

「オレは―――OSHIROT」

「OSHIROTは…獲物を逃さない―――」

スネークとオセロットを混ぜたようなキャラだなー。

「こちらOSHIROT。大佐、聞こえるか。」

「気をつけろ―――そこには黒いもんじゃがセットされている」

ぶw

出演者、技術者、後援者、募集w

結婚

今月は2件、知人の結婚式に行ってきました。

忙しくてブログには書けませんでしたが。。。

今、振り返ってみると…幸せそうでしたね。

イイなぁ。結婚。

オレはなんか、一生独身のような気がする。

うん。

なんとなく。

出会いという出会いもないし、安定した収入があるって訳でもないし、

カッコイイって訳でもないし、頭が良い訳でもないし。

…オレってとりえ無いじゃん。

orz

結婚、ムリっぽいなぁ?。

しかも、オレ“飽きっぽい”から、結婚生活が物凄く面白いか、物凄く飽きるか、どっちかだと思うw

ダメ人間だな?。

ん?・・・

結婚かぁ。

本を買うのは、やめられない。

オレの仕事場には、沢山の本が並んでいる。

Web関係の本から、映像製作の本やDTP関係の本。

サーバ関連の本から、ビジネス書籍、そしてマンガなど。

部屋のドコを見回しても、本が目に入る。

まず、本を買う時は、自分の興味があったページが1ページでもあったら、購入

例え他の記事があまり興味なくても、だいたいの本は買ってしまう。

それは、財布の中身が寂しくても、多少無理してでも買う

次に、買ったらすぐに、ザーッと全ページに目を通す。

1ページに3秒も掛けずに、次のページ、次のページ、次のページとハイスペースでページをめくる。

とりあえず、じっくり読むのは後で良い。

(文庫本などの小説は省くけどね)

そして、興味のあるページをじっくり読み、時間に余裕がある時は、他のページもパラパラと。

そうして、オレはその本にいつも助けられてる。

買った後、ザーッと全ページに目を通すコトで、その時に必要じゃないんだけど、後から必要なときに

『あ、そういえば、Web Designingの5か6月号に、この情報があったな・・・』

とか、しょっちゅうだし、

『Flashのスクリプトで何か参考になるのは無いかな?』

と探すと、当時は他のページしか興味なくて買った本が、こういった場面で物凄く役に立ったりと、

オレはいつもいつも、本に助けられてる

そして、もちろん、インターネットという世界に繋がっているネットワークにも。

世界ってスゴイ。

そして、世の中って面白い。

本とパソコンとオレ。切手も切れない関係。

書くコトがないので、1年前の写真でも。

最近、書くコトが全然無いので、ヒマ潰しに1年前の写真でも貼ってみようと思います。

Oさんとのお別れ会

ちょうど1年前は、渋谷の会社で働いてた頃で、システム開発で大変お世話になったOさんの送別会でした。

プラス、その引継ぎで入られた、後々Macを物々交換したIさんの歓迎会

ちょうどこの日、自分の大好きなKIDさんが超潰れた日でしたねw

KIDさん、潰れる。

ちょっと面白かった。

あぁ・・・ ちょっとでイイから、この1年前に戻りたい。。。